第049回(キューバ)プラヤス・デル・エステ、ハーシー列車、Theアヤシイ、最高のピザ

下の再生ボタンを押すとポッドキャストエントリを再生できます。iTunesで再生する場合は、次のアイコンをクリックしてください:


今回は、ハバナから東に20kmほどいったところのプラヤス・デル・エステからお届けします。

こんなエメラルドグリーンの海が!

貝殻もアルヨ

*注:ハバネロの語源はやっぱりハバナでした

ハーシー列車

チョコレートで有名なハーシーズが1921年に敷いた、超古い電車が走っていると聞きつけて、さっそく乗ることにしました。

ハバナの川を渡るフェリー(光の加減が、ハバナの美術館で見た絵そっくり!)

川を渡った駅から電車に乗れるはずだが・・・・ここから冒険が始まった。

The アヤシイ男に賭けてみる

プラヤス・デル・エステについてからは宿探しが難航。そんなところへ現れたチョー怪しい男。小型バイクに乗った巨漢の男。無精ひげ、胸毛、タトゥー、チリチリヘアーでパーフェクトな怪しさを演出!こいつに着いていっても良いのか?

商売下手なピザ屋

今度は不思議なピザ屋に遭遇。あり得ないほど時間の掛かるピザ。突然現れるやかましい客、のような店員(?)、利益の薄い商売の仕方、そして最高にうまいピザ。

期待のキューバビールはMayabe (マヤベ)

ラム文化全開のキューバで、ビールを飲んでみました。
破壊力のあるビールでした。

コンピュータにiTunesがインストールされている場合、次のリンクをクリックするとポッドキャストを無料登録できます。itpc://mirukikutaberu.com/podcast/

詳しい登録方法、iTunes以外については登録方法のページをご覧ください。

ミルキクタベルでは、みなさんからのお便りを募集しています。宛先は、mirukikutaberu@gmail.comです。

←赤い数字をクリックするとこのポッドキャストを評価できます。皆様の評価を教えてください。今後の参考にさせていただきます。

りょう の紹介

東京都品川区で生まれ育つ。サービス業、ホステスクラブ、海外ボランティア駐在員、レストランバー、コンピュータ会社などを経て独立開業。2011年から休業し、夫婦で1年ちょっとの世界一周へ。現在は帰国してイクメン父上に勤しむ。好きな食べ物はナス。言語や歴史に興味あり。コンプレックスは字が汚いこと。好きな言葉は「とりあえずビール」でポッドキャストでは世界のビールを飲み歩く「Beer the World(ビーアー・ザ・ワールド)」を担当。
カテゴリー: キューバ, プラヤス・デル・エステ タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing