キューバ11日目(ペケニータなバラコア)


悶着あったものの、アストロバスはサンティアゴからグアンタナモを経由して、バラコアへと向かっていく。

バラコアはキューバの東の果て、大西洋側に面した小さな町だ。約400年も陸の孤島のような状態が続いたこともあって、あらゆるものが、ユニークに残されているキューバ的ガラパゴスな場所だという。

グアテマラで会った日本人も、ロンリープラネットのメイン編集者も、ハバナやサンティアゴのカーサで出会ったママたちも、口をそろえて「バラコアは最高!」と言う。

しかし、そのくせ具体的に何があるのかは誰も言わない。ロンプラにはいくつかの観光ポイントが書かれているも、全体的にたいしたページ数は割いていない。はたしてバラコアとはどんな所なのだろうか。

グアンタナモを経由してしばらくは右手にカリブ海が見えていたが、どこかで内陸側にぐぐっと入り、一路大西洋側へと向かった。景色ががらっと変わって切り崩された岩が続くようになった。50年前にようやく作られたバラコアへの陸路はまさにこれだった。しばらく続いた山道を抜けると、右手に大西洋が見えてきた。バラコアは近い。

サンティアゴ・デ・クーバからは所要時間5時間ほど。バス停では予約していたカーサのパパとママが迎えに来てくれていた。RyoとMegumiと書かれた紙を掲げてくれていたのが、まるで空港に着いたときのような気分だった。キューバでは、カーサがカーサを紹介し合うカーサネットワークのようなものがあり、旅行者を送り合っているようだ。

カーサは縦長の家で、1階奥の階段を上った海側。なにより気に入ったのは、部屋の4辺にブラインド(?)があって、それを開けるとさわやかな風がサーっと部屋を駆け抜けていくことだった。これは気持ちいい!何もせずに部屋でごろごろしているだけでも来た価値がある気がした。

一休みしてから町の散策へと出かけた。まずはパルケ近くにあるInfotur(インフォトゥール)で情報収集。チョコレート工場は年末休暇のためクローズ。近くの山、川、ビーチ、国立公園に行くツアーがあるらしい。キューバ中部・北部へ戻るバスはそこまで込んでいないことなどを知った。

一通りの情報を得た後、パルケをスタート地点としてぐるぐると歩いてみた。どうやらこの町はかなり小さい。パルケもいわゆる中央公園という体ではなく、余った三角形のスペースにベンチを置きました的な雰囲気がただよっている。海岸沿いのマレコン通りには子供たちがたこを揚げたり、おじいさんたちが海を眺めたりしていた。

 

 

 

 

今日はカーサで夕飯を食べることにしていた。魚をココナッツミルクで煮たバラコア郷土料理があるとのことなので、お願いしてみたのだ。出てきた魚はびっくり。淡泊ながらココナッツミルクと非常に相性が良い。辛くないタイフードのようだった。うますぎてがつがつ食べてしまう。

バラコアの町は人が穏やかで、たまに何か(ラムやシガー)を売りに来る人がいるくらいだ、町は行ったってトランキーロ(平穏)。波の音、浜の風、のんびりした人々がペケニータ(ちっこい)町に収まっていて、ご飯もうまい。

どうやらこの町は長めに滞在しそうだ。

バラコアの見所
・チョコレート工場
中心部からは少し離れている。工場見学ができる。500メートル先に別のスイーツを作っている所がある。
・プラヤ・ドゥアーバ
町から12キロほど行ったところにある泳げるビーチ。パルケから朝と午後に往復のツーリストバスがでる。たしか往復5CUC。
・プラヤ・ブランカ
直訳すると白い砂浜。南の町外れから南に5キロくらい。浜の長さはなんと4メートルだとか?期待しない方がよさそう。
・洞窟
プラヤ・ブランカからもうちょっと先、洞窟があって中で泳げるところもあるらしい。地主(?)と交渉または寄付という形でいくらか渡すと入れてくれたり、ガイドしてくれたりするらしい。
・エル・ユンケ
標高575メートルのテーブルマウンテン風の山。バラコアの町からプリン型の山が見える。Infoturでツアー(16CUC)あり。入山料が13CUCするので、ツアーはかなりお得。行くならツアーで。
・パルケ・ナシオナル・フンボルト
国立公園。Infoturでツアーがある。世界遺産だ。
・北の要塞跡地(レストランになっている、高級な割にちょう安い!ハバナクラブ15年ものが10CUCで飲めるぞ!)
・南の要塞跡地(博物館になっている)
・博物館(町の歴史、チェゲバラとチョコレート工場について簡単な解説があるらしい)

りょう の紹介

東京都品川区で生まれ育つ。サービス業、ホステスクラブ、海外ボランティア駐在員、レストランバー、コンピュータ会社などを経て独立開業。2011年から休業し、夫婦で1年ちょっとの世界一周へ。現在は帰国してイクメン父上に勤しむ。好きな食べ物はナス。言語や歴史に興味あり。コンプレックスは字が汚いこと。好きな言葉は「とりあえずビール」でポッドキャストでは世界のビールを飲み歩く「Beer the World(ビーアー・ザ・ワールド)」を担当。

カテゴリー: キューバ, バラコア タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing