「ビキニこわい」


 

真っ先に申し上げておく。このブログエントリには破廉恥な写真などない。そんなけしからんものを期待している輩は18歳以下のリンクをクリックしてYahooジャパンでも見ていてほしい。とりあえずパンツは穿いておけ。

 

読者の諸君は、「ビキニ」と聞いてなにを思い浮かべるだろうか。

© CREATVDAD

 

常夏のビーチ、降り注ぐ太陽、それから眩しい女子の素肌であろうか。

© CREATVDAD

 

先日、ゴーゴーバーと呼ばれるけしからん所へ行った。ゴーゴーバーとは、ゴーゴーダンサーなる女子がセンターステージでだるそうに踊り、それをけしからん客がだらしなく眺めるという一大エンターテインメントプレイスである。

 

(以下、ゴーゴーの写真はないのであしからず)

 

世界各地にさまざまなゴーゴーがあるわけだが、今回はタイらしくオカマ・ニューハーフしかいないというゴーゴーに行った。特段行きたかったわけではないのだが、断れない性格ゆえか、場の雰囲気に流されて仕方なく行ってしまった。怖いもの見たさの気持ちもあったかもしれない。

 

 

が、店に入ってみて驚いた。

 

 

美しい!

本当にオカマ・ニューハーフなんだろうか!

 

 

回転木馬のような円形ステージの上に、真っ赤なビキニだけを身にまとったうら若き乙女たちが並び、俺の目の前を走馬灯のように通り抜けて行く。人は、死の直前に不思議な光景を見るという話があるが、おそらくこれに遠くないシーンではなかろうかと思われた。

 

 

ほとんどのダンサーがスタイル抜群でおっぱいバインバインで、そこかしこのお手入れにも余念がないことが窺えた。一部だが控えめに言って「ぽっちゃり」な女子や、ビキニ姿なのにわざわざ秘書メガネをかけている女子など、顧客の嗜好に可能な限り対応しようという戦略も垣間見えた。

 

 

しばらく眺めていると、センターステージから数人がおりて来て、我々の近くにそれぞれ座った。元男性の方々であるという先入観がなければ、まったくもって女子である。それどころか、一番ブサイクな子でさえ、その女子力はザーボンさんの戦闘力を軽く上回る勢いである。

 

 

 

参考資料

 

 

もちろん既婚者である俺はこんなことでうろたえたり、浮かれたりはしない。

 

 

しかし、俺がトイレに入ったあとに事件が起きた。

 

 

店の奥にある簡素なトイレに入り、小便器の前に向かっておもむろにパンツをおろしていざ鎌倉という時に、3〜4人の女子が乱入して来たのである。

 

 

乱入して来ただけならまだしも、立て続けに俺の股間を覗き、「お〜」とか「う〜」とか、解釈に困るリアクションを見せたうえ、執拗にまとわりついてくる。こんな状態で用が足せる男子がいたなら尊敬に値しよう。俺はまとわりつく女子を振りほどき、放尿に集中しようとするが今度は背後からパンツをおろし、俺のケツに顔をうずめる女子が現れる。そうかと思うと、バインバインのおっぱいをむき出しにして俺の腕になすりつけてくる女子もいる始末

 

 

この時ショックだったのが、女子たちの弾力である。女子たちの腕や乳は、弾力性に乏しく、肌や腕の上からでも骨太感がビシバシと伝わって来た。哀しいかな、やはり彼らは元男子なのだ。

 

 

そんな修羅場のなか、俺は見事に用を足しきった。尊敬に値する行為だ。

 

 

勝利した喜びを密かにかみしめつつ、手を洗ってトイレから出るときに別の女子とすれ違った。もちろんビキニをまとったゴーゴーダンサーである。

 

 

おや・・・?

 

 

 

そのダンサーは、女子トイレをスルーして奥の小便器へと向かった・・・。

 

 

女子は、ビキニ姿のままで小便器と対峙した。

 

そして、ひと時の物思いにでもふけるかのごとく斜め45度に顔をあげ、ビキニの前に両の手をあてがった。

 

 

 

なんと、彼女は立ちションをしていたのだ。

 

 

 

ビキニ姿で、スタイルも良く、先入観がなければきれいなお姉さんとしか見えない女性が、手慣れた所作で股間の前に手を添えて、ほとばしる聖水を小便器にぶち込んでいる姿が目に焼き付いてしまった

 

 

 

その衝撃、筆舌に尽くし難い・・・

 

 

 

これから先の人生、女子のビキニを見るたびにあの立ちション後ろ姿がフラッシュバックしそうでこわい・・・ビキニこわい・・・

 

ていうかカウンセラーに相談したい

りょう の紹介

東京都品川区で生まれ育つ。サービス業、ホステスクラブ、海外ボランティア駐在員、レストランバー、コンピュータ会社などを経て独立開業。2011年から休業し、夫婦で1年ちょっとの世界一周へ。現在は帰国してイクメン父上に勤しむ。好きな食べ物はナス。言語や歴史に興味あり。コンプレックスは字が汚いこと。好きな言葉は「とりあえずビール」でポッドキャストでは世界のビールを飲み歩く「Beer the World(ビーアー・ザ・ワールド)」を担当。

カテゴリー: タイ, バンコク タグ: パーマリンク

「ビキニこわい」 への2件のフィードバック

  1. めんたいこ のコメント:

    経験値UP!
    これぞ、ミルキクタベル!!

    • りょう のコメント:

      ありがとう、と言っていいのか・・・
      無駄に経験値を積んで複雑な気分
      ほんとこわいわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing