姫路で食べる明石焼きと姫路おでん


と、いうわけで旅も2週間目。盛岡を入れると8都市目となる姫路に着いた。お昼前について宿に荷物を預けたら世界遺産のお城を見学。あいにく改修工事中だったため、外から天守閣を見る事は出来なかった。

代わりに今日もB級グルメを堪能してきた。

まずは「明石焼き」
姫路駅からほど近い商店街の中、「ひめあん」という明石焼き屋さん。
頼んだのは「ねぎ入り」10個で480円。

明石焼き

傾斜のある台に乗って登場

たこ焼きの起源と言われる明石焼は、だし汁に付けていただく。

だし汁で

暖かいだし汁につけて

かなり柔らかくて、箸で持ち上げると崩れそうで崩れない感じ。

柔らかい明石焼き

柔らかい明石焼き

だし汁に付ける以外にも、岩塩をかけたりソースを使ったりするらしいが、やっぱり正統派の食べ方であるだし汁が一番うまかった。

ごちそうさま

ごちそうさま

明石焼きだけではお腹はふくれないので、そのまま繁華街に突入して、よさげな外観のお店に忍び込んでみた。立ち飲み「一休」

立ち飲み「一休」

立ち飲み「一休」

しょうがを付けて食べるという姫路独特の「姫路おでん」を食べた。

姫路おでん

姫路おでん

姫路はまったりした時間を過ごせた。明日は岡山へ。

りょう の紹介

東京都品川区で生まれ育つ。サービス業、ホステスクラブ、海外ボランティア駐在員、レストランバー、コンピュータ会社などを経て独立開業。2011年から休業し、夫婦で1年ちょっとの世界一周へ。現在は帰国してイクメン父上に勤しむ。好きな食べ物はナス。言語や歴史に興味あり。コンプレックスは字が汚いこと。好きな言葉は「とりあえずビール」でポッドキャストでは世界のビールを飲み歩く「Beer the World(ビーアー・ザ・ワールド)」を担当。
カテゴリー: 姫路, 日本 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing