看板で学ぶ中国語


はてなブックマーク - 看板で学ぶ中国語
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark


たびたび話題に出るが、台湾の町を歩いているととにかく看板がおもしろい。漢字が読めるので、読み方は分からなくても意味は分かる。意味は分かっても、日本語にはない表現方法や(日本語的には)奇妙な感じの使い方に出くわして思わずニヤリと一人ほくそ笑む。

まずはこちら、素食は質素な食事と言うより肉を使わない料理、つまりは精進料理のようなもの。町を歩いているとちょくちょく見かける。なかなかいい表現。

こちらはおなじみ、もしドラ。よく見ると、「如果、高校棒球女子經理讀了 彼得・杜拉克」と書いてある。「高校棒球女子經理」は高校の野球部の女子マネージャーということだろうか、マネージャーが経理というのがなるほどとうなずける。「彼得」は「Peter」の音訳らしい。となると「杜拉克」はドラッガーだろう。「讀了」は読了か。こうなると最初の「如果」は「もし」で良さそう。

これまた違和感のないようなあるような。センチュリートゥエンティワンだから21世紀不動産。ええ、正しい翻訳ですよ。

この「買1送1」は至る所で目にする。要は、1つ買うと1つただでつけてくれる、英語で言うなら Buy 1 get 1 free. 「送」は日本語では「贈」、つまりプレゼントの意味合いがあるようだ。マイ3 イー1 ソン4 イー1 と発音する(数字は声調)。この売り方、アメリカだとおなじみらしいが日本ではあまりメジャーではない、というか正直ちょっと意味分からん(笑)。某紳士服店がスーツ2着目千円(だったかな)とかやってるアレがかなり近い。

これはなかなか面白い。トイレの中にあった張り紙。雰囲気だけで私訳をつけるなら、

皆さんの公共心・モラルを発揮してください。トイレットペーパーや生理用品などを馬桶(便器)の中に流さないでください。ご協力ありがとうございます。

こんな感じだろうか。まだまだ面白い看板があったので近々この下にアップする。請待少々(偽中国語)。

新しいブログエントリとして「看板で学ぶ中国語(2)」をアップしたので読んでほしい。

 Watch movie online The Transporter Refueled (2015)

 Watch movie online The Transporter Refueled (2015)

 Watch movie online The Transporter Refueled (2015)

 Watch movie online The Transporter Refueled (2015)

りょう の紹介

東京都品川区で生まれ育つ。サービス業、ホステスクラブ、海外ボランティア駐在員、レストランバー、コンピュータ会社などを経て独立開業。2011年から休業し、夫婦で1年ちょっとの世界一周へ。現在は帰国してイクメン父上に勤しむ。好きな食べ物はナス。言語や歴史に興味あり。コンプレックスは字が汚いこと。好きな言葉は「とりあえずビール」でポッドキャストでは世界のビールを飲み歩く「Beer the World(ビーアー・ザ・ワールド)」を担当。
カテゴリー: 台北, 台湾 タグ: , , , パーマリンク

看板で学ぶ中国語 への2件のフィードバック

  1. くまさんケーキ のコメント:

    台湾の人の気質、文化が大陸の様子と違ってたこと、大変興味深く読みました。そんな情報はなかなか入りませんから。
    台湾の気配りなどのいいところが日本が治めていた頃の「良い遺産」だとしたら、日本も同じように気配りやマナーを公共広告しなくてもいいような社会になれそう。そうならなければ。
    自分から反省して直していきたいです。

    看板のこと面白いですね。意味を表す漢字だから。
    日本に漢字が伝わった頃の日本人が文字と意味とあてはめたころまで、空想が広がりました。
    「つづき」が楽しみです。

    • りょう のコメント:

      こんにちは。

      そうなんですね、大陸と台湾ってそんなに違いがないんじゃないかと思ってたんですが、かなーーーーり違うようですね。まだ未定ですが台湾を出て大陸方面へ向かうかもしれないので大陸側の様子もレポートします。

      在台湾的中文看板(適当中国語)についても乞うご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing