第一回荷物会議 開会


今日未明、ベトナムのフエ市で 第一回荷物会議が開かれました。
この会議は 現在二人が所持している荷物の重さや必要性を見直し、
今後の荷物購入の判断基準や心構えなど具体的な対策について検討するものです。
めぐみ氏がハノイで青いパンツを買い、
フエでも新しくノースリーブを購入したいという熱い思いに応えて行われました。

はじめにバックパックやヒップバッグなどの鞄類から荷物を全て出し
重要度の高い物と低い物を分けていきます。
その後、重要度の高い順にバックパックに荷物を詰め、
重要度の低い物を今後持ち運ぶかを話し合いました。

会議では、西洋人は華奢な女性までもが
50リットルぐらい(もっと?)あろうかという大きなバックパックを背に、
前にデイバッグを抱えて移動していることや
中にはバックパックに枕がくくりつけられている例が紹介され、
慣れて来ればなんとかなるのではという意見が出されました。

一方、
階段を上り下りし、人混みにもみくちゃにされ、それが連日のこととなると
新しい地へ行く期待感や喜びよりも
「重いのやだなぁ」という考えの方が先に出てくるようになってきた事や
レシート1枚すら「重いからいらない」と捨てるようになった経験などが発表され、
軽さを何よりも重視するべきだとする意見が、全会一致で可決されました。

今回の会議でめぐみ氏は
日本から着てきたTシャツ2枚と防寒用の長袖、パンツ、ベルトを手放すことになりました。
英断!

今後も必要に応じて荷物会議を開き、荷物減量を目指したいとしています。

めぐみ の紹介

岩手県盛岡市生まれ滝沢村育ち。 高校卒業後 アメリカのコミカレに留学。 帰国後、台湾、カンボジアを訪れる。 長野、東京、佐渡(新潟)、岩手を経て、 夫と「見る・聞く・食べる」をテーマに旅へ。 好きなもの;コーヒー、鶏肉、固焼きソバ
カテゴリー: フエ, ベトナム タグ: , パーマリンク

第一回荷物会議 開会 への4件のフィードバック

  1. めるとにぃ のコメント:

    今日は、毎回楽しくお二人のやり取りを聞かせていただいてます。
    世界直送インタビュー(だったと思います)で、お二人のブログを知りました。

    遅ればせながら第一回荷物会議開催されたとのブログを拝見し、めぐみ氏の決意表明、ご英断などに対して心からの拍手を贈るものであります。

    ただ一つ残念なのはりょう氏の決断、もしくは取捨選択がうかがい知れないという点でありますが、恐らく彼はBTW(By The Wayではないと思います)でお忙しいことと推測致し、同じビール愛好者としては第二回以降彼の「潔さ」を期待するものであります。

    これからも安全に、楽しい旅を続けられ、見たもの、聞いたもの、食べたものとビールの報告をお願いいたします。

    • りょう のコメント:

      はじめまして!

      めるとにぃさんのお言葉、痛み入ります。
      実はフエで私も大型の本やもらったまま使っていなかった手帳などを断腸の思いで捨ててきました。
      今でも荷物はミニマムに限りなく近い状態です。

      ちなみに私はTシャツ3枚、パンツ4枚、ハーフパンツ2枚、(寒いところに備えて)靴下1足、長袖1着といった具合です。
      これから北米→中南米というコースを辿るに当たって、ここバンコクで第二回に持つ会議が開かれる可能性は大です。

      • めるとにぃ のコメント:

        りょうさん、

        知らないこととはいえ、勝手に「何も処分していないのでは?」と思い込んでしまい、大変失礼しました。

        具体的な持ち物リスト、有難う御座いました。
        実はまだ具体化していないのですが、名古屋編で話があったスペイン巡礼の旅ショート版(多分250km)に挑戦しようかと考えており、何をもってゆくべきか模索中でした。

        これからも体調に注意して楽しい旅を続けられますよう。

        • りょう のコメント:

          スペイン巡礼ですか。それはきっといい旅になると思います。
          名古屋編パッカーズボイスに出てくれたマサさんが言うには、荷物は軽い方が良くて(季節にも寄ると思いますが)昼頃について洗濯をすればすぐ乾くので服の数も少なくてよいと行っていた気がします。

          スペインで会えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing