女性限定!お客様のお話


PMS、生理痛ともに結構重症なわたくし。
今回はお客様をフエで迎える事になりました。

大量のイブは日本から持ってきているのですが
こちらで調達しなくてはいけないのが、生理用品。

面倒見の良さそうな、お母ちゃんみたいなおばちゃんがいる商店へ。
・・・と、思ったのですが
どうやらおばちゃんは店の奥に行ってしまって
おじちゃんと他の男性のお客さんが店の前でおしゃべりをしていました。

万国共通存在するお客様ですし、ここはお店。
お店の人がおじちゃんでも 特に気にせず目当ての物を探すことに。

すると、お店のおじちゃんが親切に
「水が欲しいのか?」と言っては水を出し、
わたしが衛生用品のあたりを探そうとすると
「あ、シャンプーか。ほらほら」と言ってシャンプーを出し、
「シャンプーじゃなくて、女の子用品なのよ〜」と日本語で言って棚を探していると
「シャンプーは結構種類を置いてるんだ、どれにする?」と言った感じで
棚の高い所からシャンプーを出してくれます。

いやいや、日本だったら、また、女性同士だったら
指で四角を作れば通じるのでしょうが、
おじちゃんに「はんぺん」が通じるとは思えません。

探していると、「大丈夫か?」「何が見つからないの?」といった感じで
お店に屯していた男性のお客さん3人くらいが集まってきてしまいました。
ま、いっか、おじちゃんだし知ってるでしょ。
と探し続けると、あったあった棚の隅っこに発見!

わたしが何を見つけたか分かると、
お客さんはさっと引けて「見てないから大丈夫よ〜」 という態度に、
また、わたしが数種類あるうちの一つを手にとって内容を見ようとすると
おじちゃんがそれをさっと手にとって
黒いビニール袋にくるくるっと包んでしまいました。
「おじちゃん、別の種類のと見比べたいんだよ」と日本語で話しかけましたが、
「わかってるわかってる、他の客や旦那に見られたら恥ずかしいよな」と
小声で言っているような素振りを見せてにこっと笑い、
お金を払う前ですのにわたくしの鞄の中に押し込んでくれました。

アメリカでも、台湾でも、カンボジアでも「はんぺん」を買ったことはありますが、
どこも袋には入れてもらったことがないなと思いました。
しょっちゅう買う物ではないので、はっきりとしたことは言えませんが
お菓子やジュースなど他のものと同じ対応だったと思います。

おじちゃんの対応にちょっとじぃ〜ん。
また、逆にそういう意識がベトナムにはあるということが分かりました。

と、書きながら写真をアップするわたくし・・・。

さわやかな女性のパッケージ

羽根付きで、驚いたのははがすときに
一気に羽根部分のテープまではがれる便利なタイプ。

薄くて、吸水性もバツグン!
日本でいうとウィスパーみたいな肌触り。
かわいい模様も付いていて、ブルーデーも楽しく乗り切れそう。

めぐみ の紹介

岩手県盛岡市生まれ滝沢村育ち。 高校卒業後 アメリカのコミカレに留学。 帰国後、台湾、カンボジアを訪れる。 長野、東京、佐渡(新潟)、岩手を経て、 夫と「見る・聞く・食べる」をテーマに旅へ。 好きなもの;コーヒー、鶏肉、固焼きソバ
カテゴリー: フエ, ベトナム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing