オリジナルの持つ力


めぐみのブログにも書いたが、シェムリアップでアーティザンダンコールというところへ行った。

カンボジア人に石彫、木彫、シルクなど伝統工芸・芸術品の作成技術を教える本格的な施設だった。

ポッドキャストでプノンペンの博物館について話したが、博物館内は写真撮影禁止のため紹介した作品の写真が載せられない状態でいた。そのためこのアーティザンダンコールでレプリカの写真が撮れるのではないかとちょろっと期待していた。

俺が特に好きなのは、ソンボープレイクックのドゥルガー。もちろん併殺のショップに小さいレプリカと、庭に大きなものが2体あったわけだが。。。

いやはやどうして本物の恐ろセクシーさにとうてい及ばなすぎてがっかり。やはりオリジナルに秘められたエネルギーというのはすさまじいと感じた次第である。

石彫の行程を写真に撮ったのでギャラリーに載せておく。

りょう の紹介

東京都品川区で生まれ育つ。サービス業、ホステスクラブ、海外ボランティア駐在員、レストランバー、コンピュータ会社などを経て独立開業。2011年から休業し、夫婦で1年ちょっとの世界一周へ。現在は帰国してイクメン父上に勤しむ。好きな食べ物はナス。言語や歴史に興味あり。コンプレックスは字が汚いこと。好きな言葉は「とりあえずビール」でポッドキャストでは世界のビールを飲み歩く「Beer the World(ビーアー・ザ・ワールド)」を担当。
カテゴリー: シェムリアップ, カンボジア タグ: , , , , パーマリンク

オリジナルの持つ力 への2件のフィードバック

  1. punch★journey(YUTA) のコメント:

    コメント書きたかったのですが、遅くなりすみません。やっとデリーに着いたので、インターネット環境が整いました!インドだとインターネットめんどくさいですよ!
    なんか僕達と同じような経路のはずなのに、見ているものが全然違ってて、見ててなまら楽しいです!なんか僕達よりもってる知識が違うなと感じます。また何度か勉強しにきます!

  2. りょう のコメント:

    こんにちは!

    ようこそおいでくださいました。
    ここまでのルートは本当に似ていますね。うちらはここからバンコクから北米経由のグアテマラになりそうです。インドにも行きたいんですが、まだ呼ばれていない感じです。

    ブログも定期的にチェックしています。トラブルもあるようですがインドをかなり満喫していますねー。健康とインド人には十分注意してこれからも良い旅を続けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing