でっかいだけじゃない、うまいアメリカンフード


たべものがかりのめぐみです。
つい懐かしい友達にあったり、
楽しいことに気を取られていると
写真を撮るのを忘れてしまって あとで後悔をする今日この頃。
食べ物だけは なぜか カメラに収まっているのですが。

短いアメリカ滞在期間に何を食べようと
いろいろ考えましたが
目新しいものより、
学生時代よく食べたものが食べたくなりました。

日本であまり メジャーではありませんが
わたしが大好きなマフィンの一つがこれ。

ポピーシードのマフィン。
アメリカに住んでいたころは
毎朝マフィンを食べていましたが、
食べるのはだいたいブルーベリーかこのポピーシード。

今回食べたのはレモンも入っていたので
さわやかなレモンの風味とポピーシードのプチプチがたまらなくおいしい!
ナッツのように風味があるわけではないのですが
この食感がよいのです。
日本でももっとお店に並べばいいのにと思います。

それからそれから、忘れてはならないのが
「IN-N-OUT BURGER」!
アメリカンサイズなのはもちろん、
バンズの内側もカリカリに焼いてあって
そこに肉的食感がしっかり残った
(つまり、母ちゃんの手作りハンバーグみたいな)
パテが挟んであるのです。
このパテも外はいい具合に焦げ目がついていて
中はジューシー。
レタスも肉厚でパリパリ。
オニオンはソテーも生も注文に応えてくれます。

Yummy Yummy!
アメリカは自他共に認める個人主義のお国柄、
ファーストフードでも自分用にカスタマイズできるというのはすばらしい点だと思います。
昔、アメリカに住み始めたばかりのころに
このIN-N-OUTで「バンズ抜き、レタス多め」と
注文しているご婦人を見かけたことがあります。
なんでもダイエット中とかで、炭水化物を控えているのだとか。
出てきた 「バーガー」は、分厚いレタスに挟まった肉!
聞けばレタス抜き、タマネギ抜きはもちろん、
バンズ、肉、タマネギ抜きって注文する人もいるそう。
それって、レタスのみ。
ちょっと極端な気もしますがアリなんですね・・・。

「ファースフード文化のアメリカの食はおいしくない」
というのは、真っ赤なウソ。
住むとなると確かに米が恋しくなることもあると思いますが、
万国共通「ローカルフードは安くて美味しい」。
アメリカもしかり。

何年も前から、もしアメリカに来ることがあったら
IN-N-OUTにりょうくんを必ず連れてこようと思い続け、
実際に食べさせることができましたが、
アメリカ人の友達に「センスいいね!」と
お褒めの言葉をいただきました。

IN-N-OUTはいろいろ厳しいらしく、
カリフォルニアでは有名ですが、ほかにはアリゾナに1店舗くらいしかないそうです。
カリフォルニアにお越しのみなさま、
絶対絶対ぜ〜ったい食べて見てくださいね!

めぐみ の紹介

岩手県盛岡市生まれ滝沢村育ち。 高校卒業後 アメリカのコミカレに留学。 帰国後、台湾、カンボジアを訪れる。 長野、東京、佐渡(新潟)、岩手を経て、 夫と「見る・聞く・食べる」をテーマに旅へ。 好きなもの;コーヒー、鶏肉、固焼きソバ
カテゴリー: アメリカ, ロサンゼルス タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing