アンティグアからコパンまでのダイレクトシャトルバス(2011年11月)


はてなブックマーク - アンティグアからコパンまでのダイレクトシャトルバス(2011年11月)
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark


ひさしぶりの旅情報
アンティグアからホンジュラスのコパン遺跡まで直行のシャトルバスがある。料金はペンション田代で1人片道120ケツァル。朝の4:00にピックアップで、4:30ごろにはアンティグアを出ることになる。

途中、まだ日が昇らないうちにトイレに行きたいと言うとガソリンスタンドの反対側で止まってくれた。歩いて道路を渡ってガソリンスタンド併設のコンビニでトイレを借りた。戻ってきてシャトルに乗ると、反対側で「パーン」という乾いた音がした。乗客全員に緊張が走ったが、ドライバーは何も言わずに急いで発車した。生きた心地がしない。

明るくなってから7:00ごろにどこかのホテルの駐車場に止まる。ロビーの隣にある簡易的ながらきれいなレストランで朝ご飯を食べられるという。うちらは持参した手作りハンバーガーとリンゴがあったので、ロビーに座ってそれを食べる。ここでトイレ休憩(無料)ができた。Watch movie online The Transporter Refueled (2015)

さらに走ること数時間、お昼頃にようやくボーダーに到着する。グアテマラ側で1人10ケツァルの出国税を払う。ドイツ人は払わなくていいらしい(たぶんヨーロッパ人が払わなくていいらしい)。一緒にいたアメリカ人、オーストラリア人、インド人、日本人は10Q支払った。ホンジュラス側では1人3ドルを支払った。

そこから30分ほど、すぐにコパンルイナスの町に到着した。道中は寝てばかりだったが久しぶりの移動で結構疲れた。

りょう の紹介

東京都品川区で生まれ育つ。サービス業、ホステスクラブ、海外ボランティア駐在員、レストランバー、コンピュータ会社などを経て独立開業。2011年から休業し、夫婦で1年ちょっとの世界一周へ。現在は帰国してイクメン父上に勤しむ。好きな食べ物はナス。言語や歴史に興味あり。コンプレックスは字が汚いこと。好きな言葉は「とりあえずビール」でポッドキャストでは世界のビールを飲み歩く「Beer the World(ビーアー・ザ・ワールド)」を担当。
カテゴリー: ホンジュラス, コパン タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing