キューバ7日目(サンティアゴ・デ・クーバのカーサ)


ハバナからサンティアゴまで12時間の夜行バスに揺られ、キューバ第2の都市サンティアゴ・デ・クーバにやってきた。

ターミナルで声をかけてきた客引きと交渉し、2人で20CUCと言われたカーサを、15CUCにディスカウントしてもらってカーサを決めた。タクシーに乗って宿に着くと、なんとなんと立派なカーサではないか!しかも15CUCとはかなりのバリューだ。宿主に話を聞くと、通常の値段設定は次の通りだという。

1) 1人あたり15CUCで朝食付き
2) 1人あたり12CUCで朝食なし

うちらは1部屋あたり15CUCなのでかなりのディスカウントだった。隣に泊まっているフランス人2人は25CUCなのでお金については話さないでくれと言われた。(が、これは飛んだ勘違いだった。詳細は「したたかジョニー」のエントリで)

家の2階が宿泊者用になっていて2部屋ある。部屋にはトイレとシャワー(ホット)があり、冷蔵庫、扇風機、エアコンがある。文句なしの部屋だ。部屋を出るとそこにはちょっとしたスペースがある。こんな感じだ。

朝食は3CUC、夕食は内容によって6〜8CUCくらいとのこと。お手伝いさんまでいるという立派なカーサだ。夕食はちと高いが、朝食の3CUCはてんこもりなのでかなりバリュー。

しこたま食べれば昼食を抜いても良いくらいだ。

2人1部屋で15CUC、朝食3CUC×2人でトータル21CUC。紅茶とコーヒーは無料でもらえる。

>>キューバ7日目(キューバで病院デビュー)

りょう の紹介

東京都品川区で生まれ育つ。サービス業、ホステスクラブ、海外ボランティア駐在員、レストランバー、コンピュータ会社などを経て独立開業。2011年から休業し、夫婦で1年ちょっとの世界一周へ。現在は帰国してイクメン父上に勤しむ。好きな食べ物はナス。言語や歴史に興味あり。コンプレックスは字が汚いこと。好きな言葉は「とりあえずビール」でポッドキャストでは世界のビールを飲み歩く「Beer the World(ビーアー・ザ・ワールド)」を担当。
カテゴリー: キューバ, サンティアゴ・デ・キューバ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing