不要な荷物とは何か


はてなブックマーク - 不要な荷物とは何か
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark


久しぶりに、南米のアルゼンチンで第2回の荷物会議が開かれた。ベトナムのフエ以来、実に7か月ぶり。
参加者は私、りょう、以上。

実はここアルゼンチンのバリローチェから、友達を訪ねるためにチリのバルディビアに顔を出し、数日後にまたこのバリローチェに戻ってくることになった。

つまり、すぐに使わない荷物はこの宿に置かせてもらうと楽になるわけだ。
さっそく「すぐに使わない」荷物を選り分けてみた。

そしたら・・・

こんなサイズになった。
参考のため、パスポートを手前に置いている。

おや?
なんだか異常にでかい袋になってしまったが一体どういうことだろうか。

一方、バックパック本体はこんな感じに・・・

スッカスカ(笑)

両者を比較してみるとこうなる。

 

*左の赤い袋にはトイレットペーパーがなぜか3つも、あと予備の眼鏡2本と電子辞書。

さすがにバックパックのが大きい(当たり前だ)が、それでも両サイドの2つの袋を合わせればバックパックとどれほどの違いになるのだろうか。

それにつけてもおかしい。奇妙、謎である。
どうして(すぐに)使わない荷物がこんなにあるのか。

さっそく中身を出して検証してみた。

まずは防寒着

手袋、ニット帽、レッグウォーマー、モモヒキ
このあたりはもう使いそうにない。防寒着はカサもあるので場所を取る。寒い国はもう通り過ぎた。

つづいてこちら

 通過した国のガイドブック1冊小説が3冊。これは重い。読み終えたかもう読まない本たちだ。

中央の白い箱には壊れたレンズが入っている。使っていないというか使えない。
中央やや下の緑色は、ルーズリーフをとじるバインダー。グアテマラで勉強した結果がここに収まっている。ほとんど開いてない。でも捨てられない。

レンズ箱の上から右にかけて順番に、
CD/DVDケース:写真を焼いて日本に送ろうかと思ったが送っていない。写真が重すぎる。パソコンのインストールDVDもある。
ゴーグル:泳ぐときのため、1回しか使ってない
クワッドバンド携帯:アジアでは使ってた
いい香りのする玉:靴が匂うのを防止するためグアテマラで買った。
充電器単3電池予備のレンズキャップ予備のケーブル:備えあればナントカ
パンフレットとかチケットの半券:地味に重い

全部集合させるとこんなに!

寒いところでの防寒着はさておき、あまりにも余分な荷物が多い気がした。これらの荷物の多くはタイから日本へ船便で送ることにする。「バックパックは小型軽量に限る」という思いはさらに強くなった。

Clash Of Clans Cheat And Hack Tool

りょう の紹介

東京都品川区で生まれ育つ。サービス業、ホステスクラブ、海外ボランティア駐在員、レストランバー、コンピュータ会社などを経て独立開業。2011年から休業し、夫婦で1年ちょっとの世界一周へ。現在は帰国してイクメン父上に勤しむ。好きな食べ物はナス。言語や歴史に興味あり。コンプレックスは字が汚いこと。好きな言葉は「とりあえずビール」でポッドキャストでは世界のビールを飲み歩く「Beer the World(ビーアー・ザ・ワールド)」を担当。
カテゴリー: アルゼンチン, バリローチェ タグ: , パーマリンク

不要な荷物とは何か への4件のフィードバック

  1. くまさんケーキ のコメント:

    長期間の旅なのに荷物どうしてそんなに少なく出来るのだろう。
    私が一泊旅行に出る時には、寒かったら、汗かいたら、暑かったらと考えたらみんな詰め込むので、出かける時からぱんぱんに膨らんでます。
    いつもかみさんに男なのに多過ぎ!と言われてます。
    旅慣れてないので。

    タイから荷物?
    次は南米からアジア?中東からEUへ?ですか?

    • りょう のコメント:

      こんばんは!
      長期間の旅行だからこそ、荷物は小さくなるモノ、と長らく思っていました。理論上(だれの?)は、「1か月旅行するのに十分な荷物があれば1年旅行できる」はずなんです。

      でも最近は、コンピュータや一眼デジタルカメラなどを持ち歩く長期旅行者がかなり多く、南米大陸では防寒着などもあってかなり大型のバックパックを背負う日本人旅行者も多く見かけます。昔は何となく「荷物が小さい=旅慣れててかっこいい」と思っていましたが、最近はそういう風潮もなさそうです。南米や先進国では安宿さえネットで予約できるし、そうした方が安いケースも多々あります。そうなってくると、「荷物の軽量化 < パソコンを入れた大型バック」という優先度になるような気がします。

      それでもやっぱり小型軽量化がいいですね。荷物を背負ったまま気楽に町を歩けるし、歩きながら宿探しができるのは最高です。

      これから数日後にブエノスアイレスから飛行機でタイのバンコクに飛びます。バンコクからなら郵送費がそこそこ安いので、そこで一気に軽量化をはかります。

      東南アジアからモンゴル、ひょっとしたらシベリア鉄道に乗ってヨーロッパ???かもしれませんが、あくまで未定です。

  2. RYO&ひつじ のコメント:

    バックパックの中って整理するとけっこう不要なものあるよね。
    うちらも今リマに二人で8kgくらい保管してもらってます。
    戻ってつみなおすのが恐ろしいよー(((゜д゜;)))

    あっポッドキャストの更新待ってまーーーす。
    うちらもいつかパッカーズボイスに出演したーーいぃぃぃぃ。

    • りょう のコメント:

      おー!
      元気になったみたいだね。よかったよほんと、心配してた。

      南米だと荷物大きい人も多いね。うちらはやっぱり計量派。っていうか男で45リットルなんてすでにかなり小さい部類だけどね。二人はリマに戻った後は北米かな?

      パッカーズボイスは出て欲しいわー。見事なすれ違いしてるけど(タイで会った時はエジプトあたりで会えるかもとか言ってたけど)アジアに来てくれたら是非やろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing