金持ちの道楽宿に潜入


こんにちは。
ヒゲを剃ったらそこだけ日焼けしていないことがわかったミルキクタベルの旦那です。


カンボジアには、「金持ちの道楽宿」と呼ばれるホテル・ゲストハウスがある。
今回、この手の宿に泊まったので潜入捜査の結果をご報告したい。

金持ちの道楽宿は、次のような特徴がある

・掃除は行き届いている
・ゴージャス感を出そうとしている
・客が少ない or いない
・従業員がだらだらしている
・クオリティの割に安い!

今回泊まった宿はここ

photo

Than Suor Thmey ホテルまたは New Than Suor ホテル。
ファンルームで6ドル(480円)だ。
もちろん2人で。

カンボジアでは6ドルの宿なんていうのは珍しくない。
が、驚くべきはその内容である。

この部屋をみよ

photo

photo

無駄に広い。そしてきれいだ。

ベッドが二つあり、一つはダブルになっている。テレビも見られるし、追加料金を払えばエアコンも回る。

浴室がこれ。

photo

photo

なんと!2人で480円なのにバスタブがついているじゃないか!

シャワーもちゃんとでるし、歯ブラシや石鹸もついている。

きれいなタオルもあれば

これもある

photo

ルームサービスも利用できて、たとえば1.5ドル(120円)でボリュームのある牛肉チャーハンとか出てくる。部屋に持ってきてくれる。おかしくね?カンボジアでは1.5ドルでボリュームあるおいしいチャーハンが出てきてもおかしくないんだが、ルームサービスだぜ?

各階のラウンジみたいなところには、木製のいすや彫刻がならんでいる。誰もいないのに無駄に金がかかっている不思議。

photo

こんなものも

photo

っていうか、そもそも話として客がいない。

なのに、ロビーでは大量の大理石の彫刻が売られている。

photo

従業員はひがな一日、ごろごろしながらテレビを見ている。給料いくらなんだろう。たぶん、というか絶対に仕事における悩みはないな。

photo

ちなみにこの宿、まだ工事中。できあがった部屋から順番に客が泊まれるようになっているんだろう。

photo

バスを降りたら、川や橋を右手にみながら国道5の反対側をみると

photo
この看板
photo

今、カンボジアにはお金が余っちゃって余っちゃってしょうがないという人たちがいる。こういった人たちの中には、なんか雰囲気でホテルを建てる人がいるんだそうだ。余っちゃってるなら仕方ないよね。

ひょっとしたら「俺、ホテルを経営してるんだ」というのがいわゆるひとつのステータスなのかもしれないいい。

にしても客いない・・・

りょう の紹介

東京都品川区で生まれ育つ。サービス業、ホステスクラブ、海外ボランティア駐在員、レストランバー、コンピュータ会社などを経て独立開業。2011年から休業し、夫婦で1年ちょっとの世界一周へ。現在は帰国してイクメン父上に勤しむ。好きな食べ物はナス。言語や歴史に興味あり。コンプレックスは字が汚いこと。好きな言葉は「とりあえずビール」でポッドキャストでは世界のビールを飲み歩く「Beer the World(ビーアー・ザ・ワールド)」を担当。
カテゴリー: ポーサット, カンボジア タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing